この研修事業は諸事情により9月9日に延期になりました。

時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
当協会では事業活動として、現在の社会環境の少子高齢化、大都市集中と過疎化の二極化、税の改正等の変化に伴い、いくつかのテーマをもって年に数回、研修事業を開催しています。

誰でも人は、100%必ず相続することを体験します。
家族が死んだ場合、また、自分が死んだ場合には必ず相続が発生し、誰もが何度か相続を体験しますし、相続をされる立場にもなります。
つまり、相続に無関心ではいられないのです。また、相続問題がこじれて肉親や親族関係が悪化して、関係者は一生嫌な思いをすることになることは、よく耳にされるでしょう。

そこで、最低限知っていると役に立つおはなしを2回に分けてお話したいと思います。
相続問題で嫌な思いをしない為に、ぜひこの講座を聞きに来てください。

会員外の皆様のご参加も歓迎しております。万障お繰り合わせのうえ、皆様のご参加をお待ちしております。

日時 : 平成29年7月22日(土) 平成29年9月9日(土)14時00分~16時00分
※受付は13時45分~
場所 : 西宮市市民交流センター B会議室

テーマ : 「遺言相続の話 その1」

遺言相続の話をテーマ別に2回に分けて下記の内容を講義形式で行います。

遺言相続の話 その1

◎どんなことで相続問題が発生するか?

◎多くの人は、相続問題についてどう対応しているか?

◎相続問題の対策

◎遺言状の書き方

◎遺言状を書いた場合の注意点

◎弁護士が自筆証明書遺言の作成のお手伝いをする場合

◎公正証書遺言

◎遺言に関するその他のコメント

講師 : 弁護士 古川 靖  氏

定員 : 20名(先着順 定員になり次第締め切らせていただきます。)

受講料 : 無料

申込締切 : 平成29年7月20日(木)
(FAX又はEmailでご連絡ください。)

お問合せ先: NPO法人兵庫県不動産コンサルティング協会
兵庫県西宮市里中町1-1-19-101  FAX:0798-44-4680

〇予告

遺言相続の話 その2 ~遺言作成に当たってよくある質問集~

9月9日土曜日 14時~16時(予定)

◎私は、個人で会社を経営しています。その会社の財産の処分を遺言で指定できますか?

◎私の死亡退職金とか遺族年金を私の長男に相続させることはできますか?

◎私が掛けていた生命保険金を私の長男に相続させることはできますか?

◎最近、信託銀行が「遺言信託」を大々的に宣伝していますが、その内容とメリットを教えてください。

◎私には2人の子があり、自宅の不動産と預金のほかに銀行に借金(債務)が1,000万円あります。この借金を遺言で長男に相続してもらい、次男には負担させないという遺言ができますか?なお、自宅の不動産には借金の抵当権が付いています。

◎私には3人の息子がいます。私の主な財産は、自宅のみです。私は3人の息子にはできるだけ、平等に相続させたいのですが、何かいい方法を教えてください。

◎自宅は妻に相続させたいが、妻が私より先に死亡した場合は、長男に相続させたいと考えています。そのような遺言状は、どう書けばよいでしょうか。

◎私には2人の息子がいて、皆独立しており、自宅は私の死後誰も住む者はいません。このような場合、どのような遺言を書くとよいでしょうか。